Japanese English
事業・製品案内
image
表面処理加工分野
溶射  
 
「溶射」とは、コーティング材料を、加熱により溶融もしくは軟化させ、微粒子状にして基材表面に衝突させて、扁平につぶれた粒子を凝固・堆積させるコーティング技術です。
〈溶射概念図〉
   
溶射の方法  
弊社では、プラズマ溶射ワイヤフレーム溶射高速フレーム溶射の各装置を有しています。セラミック溶射、超硬合金溶射など製品の用途に応じ選択できます。溶射方法の設定が難しい材料については、弊社独自のノウハウを活かしお客様のニーズに充分な対応をするように心がけています。  
プラズマ溶射
ワイヤフレーム溶射
高速フレーム溶射
   
溶射の材料  
一例として下記のようなセラミック材料、希土類系材料、金属系(Mo、W)、超硬材料を取り扱っております。
グレーアルミナ (1)耐食性(低融点溶融金属)
ホワイトアルミナ (1)耐酸化性良好
(2)耐薬品性(酸)良好、溶融金属との反応小
(3)電気絶縁性良好
アルミナ−チタニア (1)溶射後の研削性良好
(2)耐摩耗性良好
ジルコニア系材料 (1)耐熱性、断熱性(熱伝導率が低)耐エロージョン摩耗性良好
(2)溶融金属との濡れ性小
(3)電気伝導性良好
希土類系 (1)耐高温腐食性良好
ムライト (1)熱膨張率、熱伝導率、誘電率小
(2)熱衝撃性、高温での化学的安定性良好
(3)遠赤外線放射特性良好
スピネル (1)耐スポーリング性良好
クロミア (1)耐摩耗性
(2)耐薬品性良好(酸・アルカリ)
超硬材料系 (1)耐摩耗性良好
(2)耐衝撃性良好
(3)耐薬品性良好
金属系 (1)耐食性良好
(2)耐酸性良好
(3)耐酸化性良好
   
溶射の加工工程  
アンダーカット工程後にメッキ処理工程へ進むことが可能で、その後また溶射工程に戻るという複合的技術を持っています。
また、仕上げ工程として、研磨、羽布、表面粗さを要求する特殊仕上げなど、製品に応じた仕上げ方法を選択をすることができるのも特長のひとつです。
溶射の加工工程
   
ページのトップに戻る
copyright © Shinwa Industrial Co.Ltd., All Rights Reserved.